エコキュートの選び方

エコキュートの選び方

エコキュートの選び方では、オール電化住宅における給湯システムとして多く導入されているエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯器)について、そのメリット・デメリット、選び方、種類などを分かりやすく解説するガイドサイトです。 

魅力的なエコキュート

家庭におけるエネルギーコストの約30%は給湯関連の費用といわれています。そこで、この給湯に必要なエネルギー量を減らす事で家計全体における光熱費の削減につながります。
このサイトでは、エコキュートの魅力から気をつけたいポイント、メーカーの選び方まで分かりやすく解説していきます。

エコキュートとは

まずは、エコキュートという装置(給湯器)とはどのようなものなのか?また、他の様々な給湯器と比較なども行っていきます。

エコキュートのしくみ
給湯器の比較
 |-電器温水器比較
 |-ガス給湯器比較
 |-エコジョーズ比較
 |-エコウィル比較
 |-エネファーム比較
 |-太陽熱温水器

エコキュート選びのポイント

エコキュート選びのポイントでは、エコキュートを具体的に比較・選ぶ際にどんな点に注目すべきかを解説していきます。

商品(本体)選び
 |-タンク容量の選択
 |-多機能型と単機能型
販売店・施工業者選び
 |-悪質・悪徳業者に騙されない
 |-エコキュート導入の工事費
 |-比較は「本体価格」+「工事費」で
 |-アフターメンテナンスも重要

エコキュートQ&A

エコキュートQ&Aでは、エコキュートの導入から利用までユーザーから寄せられた様々な疑問・質問に回答していきます。

エコキュートの基本Q&A
エコキュート導入Q&A
エコキュートの使い方Q&A

エコキュートのメリット

エコキュートのメリットでは、エコキュートにはどのような利点(メリット)があるのかという点についてそれぞれを分類して説明します。

深夜電力&ヒートポンプで電気代がお得
多機能でお風呂が快適
環境に優しい
断水時も生活用水を確保できる
補助金制度が利用できる

エコキュートのデメリット

エコキュートという商品は完全無欠というわけではありません。いくつかのデメリットもあります。

導入コストが高い
タンクによる容量制限
設置スペースが必要
寒冷地では効率が落ちる
実績期間がまだ短い
井戸水で利用できない

エコキュートメーカー比較

エコキュートメーカー比較では、エコキュートを販売している各メーカー情報を比較していきます。

三菱電機
コロナ
ダイキン
パナソニック
長府製作所
三洋電機
東芝
ハウステック
日立アプライアンス