エコキュートの選び方エコキュートとは>給湯器の徹底比較

給湯器の徹底比較

世の中にはエコキュートだけでなく、様々な給湯器があります。ここでは、そうした様々な給湯器について紹介しながら、エコキュートとの違いを徹底的に比較していきます。

給湯器別の特徴比較

以下では、エコキュートを含めて様々な給湯器について、それぞれの性能や特徴などを分かりやすく比較していきます。
(導入コストは販売店や施工業者などにより異なります。あくまでも目安とお考え下さい。また、補助金制度の利用によりおおきく価格が変わる場合があります。)

給湯器名 特徴・比較
エコキュート

オススメ!

電気を使ったヒートポンプ給湯器。ヒートポンプ技術により従来の電気温水器の1/3程度の電気代でお湯を作ることができる。
省エネ性能:◎
光熱費性能:◎
導入コスト:△(40万円~60万円程度) 補助金有

電気温水器

電気を使ったオーソドックスな給湯器。通常利用ではランニングコストが高いが、深夜電力プランと組み合わせれば、光熱費を下げることができる。エコキュートよりも設置スペースが小さくて済むのが魅力。
省エネ性能:△
光熱費性能:○
導入コスト:○(15万円~25万円程度)

エコジョーズ

オススメ!

ガス給湯器の一種で高効率タイプ。「潜熱回収型給湯器」と呼び、従来のガス給湯器よりも熱効率を高めたタイプ。
省エネ性能:○
光熱費性能:○
導入コスト:○(20万円~40万円程度) 補助金有

ガス給湯器

オーソドックスなガスを使った給湯システム。都市ガス・プロパンガスを使うタイプなどがある。導入コストの安さが魅力。
省エネ性能:△
光熱費性能:△~○
導入コスト:◎(~15万円程度)

エコウィル

ガスコージェネレーションシステム。ガスでエンジンをまわし、電気を作りその排熱を利用してお湯も作るというシステムで、一台2役を兼ねる。
省エネ性能:○
光熱費性能:○
導入コスト:×(80~100万円程度) 補助金有

エネファーム

家庭用燃料電池のこと。水素ガスを空気中の酸素と結合させる事で電気を作りその際の排熱でお湯を作るというシステム。
省エネ性能:○
光熱費性能:○
導入コスト:×(300万円超) 補助金有

太陽熱温水器

オススメ!

太陽の熱を活用する温水器。太陽の日照時間などによりある程度左右されるほか、設備費用もやや高額なものの、給湯コストは格段に安い。(他の給湯器との併用が必要)
省エネ性能:◎
光熱費性能:◎
導入コスト:○30万円程度 補助金有

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

電気温水器とエコキュートの違い