エネファームの選び方エネファームとは給湯器の徹底比較>エネファーム

エネファーム / 給湯器徹底比較

家庭用燃料電池のこと。水素ガスを空気中の酸素と結合させる事で電気を作りその際の排熱でお湯を作るというシステム。ここでは、エネファーム(給湯器)を徹底比較していきます。

エネファームの導入費用(イニシャルコスト)

導入費用は300万円程度と非常に高額です。補助金制度が用意されていますが、現時点で他の給湯器と比較すると高額です。同じコージェネレーションシステムである「エコウィル」が100万円前後であることを考えると金額面ではかなり不利な状況です。

エネファームの光熱費(ランニングコスト)

ガスから水素を取り出し、それと空気中の酸素を結合させる事で電気を作り、その電気を作った際に生じる熱を使ってお湯を作っています。

エネファームの考察・評価

家庭用燃料電池としてスタートしたばかりです。将来的には東京電力が機器代金を100万円程度にまで落としたいといしていることからも期待できますが、現時点ではまだ負担が大きすぎると判断しています。

メリット
・発電時の排熱を利用するため、エネルギーのロスがなく省エネ性能が高い。
・助成金・補助金を受けることができる。

デメリット
・機器代金が非常に高額

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

エネファームとは
エネファームのしくみや特徴を解説。

エネファーム(家庭用燃料電池)
エネファームのしくみやオール電化との比較も行う。