エコキュートの選び方エコキュートとは給湯器の徹底比較>電気温水器

電気温水器 / 給湯器徹底比較

電気を使ったオーソドックスな給湯器。通常利用ではランニングコストが高いが、深夜電力プランと組み合わせれば、光熱費を下げることができる。ここでは、電気温水器(給湯器)を徹底比較していきます。

電気温水器の導入費用(イニシャルコスト)

電気温水器の機器代金が10万円~20万円程度となっています。機器代金の違いはそれぞれの電気温水器の機能にも左右されますが、容量(タンクの大きさ)も重要な項目となります。当然に容量が大きいほど価格が高くなります。370リットル、460リットルのサイズが主流です。
また、機器代金以外にも導入費用としては工事費が必要になります。必要となる工事の規模によっても異なりますが、一般的には10万円弱が必要になります。

電気温水器の光熱費(ランニングコスト)

電気温水器は通常、深夜の割安な電気を使ってお湯を作りますので、その分光熱費の削減効果があります。

電気温水器の考察・評価

全体的には高く評価できます。深夜電力を効率的に利用できるため、ガス給湯器などと比較して光熱費を節約することができます。
タンク式であるため、容量を越えて使用する場合にお湯が使えなくなることもありますので、タンクサイズにはある程度の余裕を持たせるようにしましょう。(最新式のものは追炊き機能なども付いていますが、深夜以外の場合には光熱費単価が上昇します)

ただ、近年は電気温水器の開発メーカーもより効率が高いエコキュートにシフトしていますので、イニシャルコスト(導入コスト)という点がクリアできるのであれば「エコキュート」の選択をおすすめします。

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

電気温水器とは
電気温水器とは、電熱ヒーターを使ってお湯を作る給湯器のこと。