エコキュートの選び方エコキュートとは>エコキュートの仕組み

エコキュートの仕組み

エコキュートは具体的にはどのような原理(仕組み)でお湯を作り出しているのでしょうか?ここでは、エコキュートにおける給湯システムの仕組みについて、技術的なポイントを踏まえながら分かりやすく解説していきます。

エコキュートは空気の熱でお湯を作る

エコキュートは最近テレビCMなどでもいくつか展開されているようですが、そこで説明されているように、「空気の力」でお湯を作るという装置です。

従来の電気式の温水器はヒーターを使ってお湯を作り出します。しかし、「暖房エネルギー比較」などのサイトで紹介されているように、電気は熱を作るということに向いているものではありません。(ただし、電気温水器やエコキュートの場合、上記の参照サイトが計算として利用している電気代単価ではなく割安な深夜電力でお湯を作っていますので、効率はもっと良くなります)

しかし、エコキュートの場合「ヒートポンプ技術」というエアコンと同じような仕組みを使っています。これは、外の空気を圧縮する事で高温を作り出すという技術で、電気をそのまま熱エネルギーに変換するものの3~4倍近い効率を作り出します。そのため、先ほど紹介したエネルギー別効率が一気に3~4倍にまで向上するわけです。

エコキュートの構造

エコキュートはおおきく「ヒートポンプユニット」と呼ばれるエアコンの室外機のようなものと、作り出したお湯を貯めておく「貯湯ユニット」と呼ばれる二つの機器で構成されています。

ヒートポンプユニットは外気の空気をファンにより取り込みます。これをコンプレッサーにより圧縮する事で高温化します。そしてその高温の熱を使い水をお湯に温めてそれを貯湯ユニットに運び蓄えておきます。なお、この一連の流れは深夜電力が利用できる深夜の時間帯に行われます。

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

ヒートポンプ技術とは
室外機を設置し、外の熱と内の熱を交換する技術のこと。エアコンやエコキュートなどで利用される技術で、高い省エネ性能を持つ。

深夜電力とは
余剰ぎみである電力会社が発電している深夜時間帯の電気のこと。またはその時間帯に使用する電気のこと。契約によっては安い単価で利用可能である。