エコキュートの選び方エコキュートのデメリット>タンクによる容量制限

タンクによる容量制限

タンクによる容量制限はタンク式給湯器全般に言えることなのですが、エコキュートや電気温水器の場合、タンクにお湯を貯めておくという形状上、容量を超えるお湯を使った場合「湯切れ」を起こしてしまいます。

エコキュートのタンク(貯湯ユニット)容量

エコキュートにおけるタンク容量は以下の通りとなっています。

300リットル:家族2人~3人程度
370リットル:家族3人~4人程度
460リットル:家族4人~5人程度
550リットル:家族5人~8人程度

メーカーでは、多くの場合上記のように区分しています。もちろんタンクの容量が大きくなるほど、それだけ使えるお湯の量が多くなるので、「大は小を兼ねる」としてできるだけ大きい容量のものを買っておけば問題ないかもしれません。

しかし、エコキュートの機器代金は容量が大きくなるほど高くなりますし、日々のランニングコストを考えても、容量が大きなものほど、使うお湯の量に関係なく電気代がかかることになりますので不経済です。

結論としては、自宅で使うお湯の量にあったエコキュートのタンク(貯湯ユニット)を選択する必要があるのです。

なお、最新のエコキュートには追炊き機能が備わっているものが多く、お湯が切れそうになったら追加で炊き上げるシステムとなっています。ただし、この場合エコキュートのメリットである「割安な深夜電力でお湯を作るというメリット」が薄れてしまいます。
お客様が多く見えた場合などは仕方ありませんが、日々の利用で追炊きが発生するのであれば問題ですので、日ごろからシャーワーを多く使う、お湯をたくさん使うというのであれば、基準より一つ大きめのタンク(貯湯ユニット)を使うようにすると良いでしょう。

なお、詳しいタンク容量の選び方については「エコキュートタンク容量の選び方」をご覧下さい。

 

 

関連情報

当ページの情報と関連性の高い情報サイトや用語の解説ページなどをピックアップしています。

エコキュートの容量と選び方
容量を決めていく際にどの程度の幅で考えていくべきなのかをわかりやすく説明していきます