エコキュートの選び方エコキュートQ&Aエコキュートの基本Q&A>エコキュートの「自然冷媒」とは何ですか?

エコキュートの「自然冷媒」とは何ですか?

エコキュートはヒートポンプでお湯を温めるので効率的とありますが、なぜヒートポンプを使うと効率的にお湯を作ることができるのでしょうか?

回答:熱回収により空気の熱を利用します

ヒートポンプとは、エアコンや冷蔵庫などに使われている技術です。空気中の熱を移動させることにより、熱や冷気などを作り出すことができる技術です。

例えば、電気を直接熱に変換する場合、「エネルギー保存の法則」によって電気1kWhは熱量変換860kcalとなります。逆をいえば、1kWhの電気はどんなに効率的に活用しても、900kcalの熱量を生み出すことはできないということになります。

一方、ヒートポンプは電気を使ってそれをそのまま熱するのではなく、空気を集めます。その空気を圧縮します。空気は圧縮されると熱を生み出しますので、その熱を吸収します。
そして、熱を奪われた空気をふたたび外に戻すのです。

この流れによって、空気の熱を使って熱量を生み出します。生み出される熱量は、COP(成績係数)によって表すことができます。最新のエコキュートでは、このCOPが4倍ほどになっています。これは、電気を直接熱量変換するときの4倍の効率という意味になります。